近年の宝塚音楽学校合格者の傾向

試験まで残り2ヶ月ちょっと。

予定通りに準備は進んでいますか?

今日は、試験まで寄り道せずに、まっすぐ進んでもらえるように、私が感じている最近の試験傾向についてお話ししたいと思います。

 

よく宝塚受験は「面接重視だ」と言われますが、それは少し前の話。

試験制度が変わった数年は、確かに面接重視の傾向がありました。

 

しかし、試験内容はほとんど変わっていないものの、試験官の見る目は大きく変わってきているようです。

新曲試験を廃止した年に入学した生徒の中には、譜面が読めない生徒もいたため、音楽学校の2年間のレッスンでは時間が足りませんでした。

宝塚は「歌劇団」

上級生は下級生の音とりからの指導。

劇団は、研1、3、5の試験で、これまではなかった新曲試験を加えました。

 

1次試験は面接のみのため、少しのレッスンでもある程度誤魔化せます。

しかし、2次試験通過者を見ると、やはり劇団側は実力と伸び代を見ていると感じます。新曲視唱も復活し、譜面から自分で音をとれる能力は必須です。

3次試験は、宝塚への熱意と素直さ、強さ、応援したいと思えるか。

 

もちろん、変わっていないところも沢山あります。

歌っている時、踊っている時を楽しんでいるか。その楽しさを沢山の人に伝えられるかどうか。

アスリートに近い生活に耐えられそうか。

宝塚受験生の型にはまることはないけど、宝塚歌劇団がほしい存在になれるよう準備しましょう。

 

グラントジェンヌでは、1月が最後の模擬試験です。

緊張するし怖い!と思われるかもしれませんが、自信を持って試験当日を迎えるためには、宝塚OGである講師陣からのアドバイスは心強いです。

ダンス、歌ともに、合格ラインの実力をもった受験生は沢山います。

その中から40人に選ばれるためのレッスンをしましょう。

遠方でレッスンに来ることができない受験生には、オンライン新曲模擬試験もご用意しています。

動画レッスンでも毎日配信しています。

また、超直前対策として、集中レッスンもご用意しました! お得な5回セットと19日のレッスンのお申し込み日程が迫っています(11日まで)ので、新曲を上達させたい受験生!お待ちしています!

 

【お申し込みはお済みですか?】

東京レッスン12日13日(模擬試験)

大阪レッスン18日19日(模擬試験)

超直前対策~2020合格に向けて歌唱ラストスパート~

オンライン新曲模擬試験(1月)

宝塚受験動画レッスン

管理栄養士にダイエット相談

新着記事

ご質問

キーワード