[宝塚OGインタビュー]夢乃花舞さん

元宝塚歌劇団 雪組娘役の夢乃花舞さんに、宝塚受験時代のお話をお聞きしました。

受験のきっかけや合格までの道のりは人それぞれ。

皆さんの背中を押すインタビューになればと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

瞳 宝塚を目指したきっかけは何かあったの?

夢乃花 出身が宝塚市なのですが、幼い頃は、特に受験を意識したことはありませんでした。宝塚歌劇団というものは近い存在だったけど、私とは関係ない世界だと思っていました。

でも、小学校から習っていたバレエの先生が偶然にも元宝塚の先生で、その先生に、舞台に立つ仕事をしたいと中学校3年生のときに相談したんです。

そうしたら、「じゃあ1回宝塚を受けておきなさい」って言われて、そこから受験を意識しました。

 

 

瞳 バレエ以外のレッスンはそれから?

夢乃花 そうです。中学3年生の試験直前に受験を決めたので、とりあえず願書を出して歌のレッスンに通いました。

 

瞳 もしかして1発合格?

夢乃花 違います。私、4回目です。

初めての受験の時は、試験まで時間もなかったので、高校生から本腰を入れてレッスンしました。

 

瞳 当時のバレエ以外の実力は?

夢乃花 歌は初めは蚊の鳴くような声しか出なくて、もっと声出しなさいと言われても、全然出ませんでした。新曲も、コールユーブンゲンを買って、覚えるくらい何度も何度も練習しました。

 

 

瞳 受験のバレエは、もともと習っていたバレエと違うなと思ったことはあった?

夢乃花 最初から元宝塚の先生に習っていたので、特に今までのバレエと違うと感じたことはなかったです。受験のことも分かっていらっしゃるし、ずっとその先生のところで習っていました。

 

 

瞳 受験時代はどんな生活を送っていたか覚えてる?

夢乃花 ほとんど毎日お稽古に通っていました。学校から帰ったらすぐにお稽古に行って、夜まで踊って、土日は歌のお稽古に。とにかくレッスンをしていました。

 

 

瞳 最後の受験は、どんな気持ちで受けた?最後1年間にかける思いなど。

夢乃花 高校2年生までは、宝塚に入るために全力でレッスンに励んでいたのですが、高校3年生の時に受験を辞めようと思って、レッスンも辞めてしまったんです。

でもやっぱり、願書を出す時期になったときに、周りからも最後だし受けておいたら?と言われて。

最後の3ヶ月くらい死にものぐるいでレッスンして、遅れを取り戻して受験に臨みました。

 

瞳 今までと何が違ったんだろう?

夢乃花 一直線になりすぎていたものが一旦解放されて、新たな気持ちで受験できたのが良かったのかなと思います。

 

瞳 大学受験はしてたの?

夢乃花 していました。大学に行く気だったので。

 

 

瞳 ご両親は応援してくれてた?

夢乃花 はい。姉が一番宝塚が大好きで、合格したときも一番喜んでくれました。

 

 

瞳 食事はどういうように食べてた?

夢乃花 母がすごく考えていてくれたと思うんですけど、バランス重視で、特に何かを抜くことはしませんでした。とにかく動いていたので、食べて動いて食べて動いて。レッスン前にはおにぎりを食べて、エネルギー補給をしていました。

 

瞳 受験期間で辛かったことは?

夢乃花 今年の受験はダメだった。でも来年もチャンスがある!というときのメンタルかな。もう1回頑張るぞ!となるまでの期間が辛かったです。でも、バレエのお稽古は落ち込みつつも休まず通っていました。

踊ることが大好きだったので、バレエを辞めようとは1回も思わなかったです。

 

瞳 最後に受験生へのメッセージをお願いします!

夢乃花 宝塚が好きとか、踊りたい歌いたいという気持ちがあれば、絶対に上達するし、試験官もその気持ちを分かってくれると思います。やらされているお稽古ではなくて、こうなりたい、宝塚に入りたい!という強い気持ちが大事かなと思います。

 

〜インタビューを終えて〜

夢乃花さんは、見た目はほわわんとしているけど、受験4回目で合格という、努力を積み重ねてきた強い人でした。

お会いして感じたのは、インタビューでもお聞きしたように「踊ることが好きなんだな」ということ。言葉だけでなく表情から伝わってきました。

宝塚受験だけでなくて、何かをしようとするときに、自分の「言葉」で「心」で「表情」でどれだけ伝えることができるか。準備した言葉はもちろん大事で、でもそこに光り輝くもの、本当の自分の気持ちを乗せられるか。ということが大事だと、私も日々感じています。そうして初めて相手の心を動かすことができるのだと。

 

インタビュー一覧はこちら

新着記事

ご質問

キーワード