[専門家インタビュー]受験用レオタードの選び方

11月下旬となり、そろそろ試験で必要な、レオタード(黒、丸首七分袖。トリコット・ベロア・スカート付レオタードは不可)、タイツ(ピンク・フーター)、バレエシューズ(ピンク)を用意する受験生も多いと思います。

そこで、ダンス・バレエ・フィットネス分野のリーディングカンパニーであるチャコットの渋谷本店スタッフ、鈴木瑛子さんに「受験用レオタード」について教えていただきました。

 

—宝塚の試験は、バレエ・声楽・面接の全てがレオタードで行われるため、受験生は自分の体がより細く綺麗に見えるレオタードを探しています。チャコットさんを訪れる受験生はどのようにレオタードを選ばれているのでしょうか?

まずは既製のベーシックレオタード(丸首・七分袖)から入られる方が多いでしょうか。素材はロイヤルスムースという生地です。そして試験が近づくにつれ絞れてきた体に合わせて、より綺麗に見えるように独自にオーダーされる方が増えます。

また、ずっと前から宝塚を目指しているという方や、過去に受験したことのある方などは、よく研究されていて、お尻が大きい方は小さく見えるものというように、初めから自分の体形カバーができるものを意識して、オーダーされる方も多いですね。

チャコットには自社工場があってオーダーメイドができますので、お客様のご要望に応じて、ベースの形に変更を加えることもできるんです。

—やはり皆さん、受験用にこだわられているんですね

はい。チャコット渋谷本店には、オリジナルの「受験用レオタード」がございます。

長年、宝塚を受験される方のレオタードのご注文を受けてきた中で、お客様から多くいただくご要望、例えば首周りやデコルテをすっきり見せたい、背中の開きをどう工夫したら美しく見えるか、どうしたら脚が長く綺麗に、ヒップが小さく見えるか、というポイントを実現できるように考えてデザインし、工場に頼んで製作した2型です。

2年前に今までで一番綺麗な形のものができたので、それを継続して昨年も同じものを作りました。大変人気がございまして、その2型だけでも大体の受験生の希望の形に合うようです。ベーシックレオタードと着比べると、その良さがよりお分かりいただけると思います。


▲左:ベーシックレオタード 右:受験用レオタード

—初めから「受験用レオタード」を選ばれる方も多いですか?

多いですね。2型ご用意しているので自分の体形に合うほうをお選びいただけます。2つの違いは、襟ぐりの深さと横幅、肩幅。脚ぐりの一番高くなっているポイントの位置が違うのでカットの流れやヒップに繋がるラインが変わってきます。その方の体形に合わせてご案内させていただきます。

フルオーダーでお作りしても同じくらいのお値段かもっと高くなってしまうこともありますので、気に入れば同じ物を2・3着買われる方もいらっしゃいます。

—ベーシックレオタードと比べると違いが明らかですね。脚ぐりのラインはどこまで上げれば足が綺麗に見えますか?

大体、腰骨あたりです。女性は骨盤がしっかりしている方が多いので、腰骨が見えるまで上げると腰周りがコンパクトに見え、美しい女性らしいラインになります。

—腕の部分もベーシックレオタードとは違いますね

サイズは基本的にS.M.Lの3サイズですが、SとMは腕周りをSサイズで。LはMサイズで作っています。ベーシックの形よりも腕周りはキュッと締まった感じで細く見えるようにしています。


▲前:受験用レオタード 後ろ:ベーシックレオタード

—受験用レオタードを買われる方からは直しはないですか?

そこから直すという方は、本当に少ないです。やはり今まで、長年に渡って数多くのご注文を受けてきた中で、特に多かったご要望とここが良かったというご意見を基に作らせていただいていますので。シーズンの途中で完売してしまい追加生産したこともあるので、自信を持っておすすめできる形です。

—この受験用レオタードはHPには載ってなかったようですが?

渋谷本店が独自に作っているものですので、HPなどに大々的には出してはいません。バレエ教室や受験スクールで、他の子が着ているレオタードが良かったとか、お友達にチャコット渋谷本店のレオタードが良いと聞いたから買いに来たといった口コミで来られる方が多いですね。

—受験用レオタードはインターネットでも買えるのでしょうか?

インターネットでは販売しておりません。ただ、地方にお住まいの方で、毎年受験用レオタードが出ているのをご存知で購入したいという方には、直接渋谷本店にお電話をいただいて発送することもできます。

—本店以外の店舗で、受験用レオタードがあると聞いたことを訪ねれば対応していただけますか?

各店毎に受験向けレオタードを用意していることもありますので、渋谷本店と同じものをご希望の場合は、その旨をスタッフにお伝えください。
オーダーはどの店舗でも承れますが、お時間は1か月ほどいただきます。

—なるほど。受験用のレオタードは、練習のどの辺りから取り入れていくものでしょうか?

受験用を着ていただくことで気持ちの向上にはかなり繋がると思いますので、意識を高めるということでは早いといいのかなと思います。1年前から着られる方もいらっしゃいますし、夏くらいからだいぶ体が絞れてきたのでサイズを変えたいという方もいらっしゃいます。

—あと受験に必要なのは、タイツとバレエシューズです。ピンクタイツといっても、お値段も色も様々ですよね。おすすめはありますか?

大まかにいうと、取り扱っているタイツは「ベロネーゼタイツ」と「プロタイツ」がありますが、ご購入いただいた方を見るとソフトフィットサポートの「ベロネーゼ」をお使いになられる方が多いなという印象です。

ピンクタイツには「ロイヤルピンク」と「ヨーロピアンピンク」という色がありますが、皆さん結構悩まれますね。

悩まれているお客様には、シューズと同じ色をおすすめしています。シューズの色に合わせると脚も長く綺麗に見えますよ。ベロネーゼは、畳んだ状態で見ると結構ピンクが強いですが、穿くともうちょっと白っぽくなります。ロイヤルピンクは白っぽいピンクでヨーロピアンピンクはオレンジっぽいピンクです。穿いた時に白っぽく見えた方がいいという方はロイヤルピンクを。肌馴染みが良いほうがいいという方はヨーロピアンピンクを選ばれます。

—バレエシューズにも生地やソールの違いがありますよね

バレエシューズは「布」のものと「革」、「前皮」といって前の半分だけが革のものがあります。両方の素材でお試しいただきますが、おすすめなのは「前皮バレエシューズ」です。

革のバレエシューズのほうが滑りにくいので、勢い余って体勢が崩れてしまうということは防げるのかなと思います。床の種類を問わず滑りが気にならないというのが、前皮バレエシューズの強みです。

また、布バレエシューズは横幅がゆったりしていますので、足幅の広い方や甲の高い方におすすめですが、前皮バレエシューズと比べるとゆるみが出やすいことと縁にゴムがついていないので引っ張って調整ができません。前皮バレエシューズはゴムで幅の調整ができますので、足にフィットしてパフォーマンスもしやすいかと思います。

ソールは、裏が1枚の革になっている「フルソール」と、前と後ろに分かれている「スプリットソール」があります。

スプリットは、革のない部分があるので、その分足に負担がかかります。ある程度バレエをやったことのある方は、足の裏が鍛えられているので対応出来ますが、まだバレエを始めたばかりの方や慣れていない方には「フルソール」をおすすめしています。スプリットはつま先を伸ばした時に足裏にフィットします。

—スプリットのほうが甲は出やすいのかなとは思います

そうですね。ソールが無い分グッと反れますので。でもフルソールでもトウシューズと違ってすごく固いわけではありませんので、そんなに気にしなくていいと思います。

—レオタードの下に付ける下着でおすすめはありますか?

先程ご紹介した2型の受験用レオタードには、胸元にパッドが差し込めるポケットがある裏地付きと裏地なしのものをそれぞれ作っています。胸の当たりが気になる方にはパッドを差し込んでいただくかたちになります。カップが差し込めないタイプの場合には、ボディファンデーションというインナーを着ていただきます。こちらにもパッドが差し込めるタイプと差し込めないタイプがあります。

ショーツは薄手で響きにくいものがあり、脚ぐりが低めのレギュラーカットと高めのハイレグカットがあります。受験用レオタードの場合は「ハイレグカットショーツ」がおすすめです。

—ボディファンデーションを着る場合、タイツとボディファンデーションはどの順番で着るのが正解なのでしょう?

ボディファンデーションの上にタイツをお穿きいただきます。ボディファンデーションを着る場合ショーツは不要です。

—今日は、知っているようで知らない知識や情報を沢山教えていただき、有難うございました

有難うございました。チャコットでは何十年も前から受験用レオタードを作っていますが、時代に合わせて少しずつ変わってきています。受験生の体形も変わってきていますし、理想とされるレオタードも変わってきているんです。理想とされるレオタードというのはお客様から言われることですが、こういうのがいいとか情報が飛び交うのだと思います。自分を綺麗に見せてくれるレオタードを着て、自信を持って試験に臨んでいただきたいですね。

 

【取材協力:チャコット株式会社】
バレエ・ダンス用品、フィットネス用品、ボールルーム(社交)ダンス用品などの販売。全国に31か所の直営店舗を持つ、業界の第一人者。
創業 昭和25年
資本金 4億円
売上高 111億1700万円
http://www.chacott-jp.com/
————————————————————
〇チャコットオリジナル受験用レオタード(渋谷本店取り扱い)
1.胸カップ差し込みポケット付き ¥14,300+税
2.胸カップ差し込みポケットなし ¥11,100+税
※ベーシックな丸首七分袖レオタード  ¥7,100+税
————————————————————

 

☆瞳ゆゆの体験コーナー☆
アスリートのパフォーマンス向上を目的として開発された、ミネラルパウダー「アドエルム」が調合されているというブランケット。身に付けることでどんな効果が生まれるのか、鈴木さんにお勧めいただき、簡単な実験をしてみました。

まっすぐ立って、右手を水平に差し出します。

まずは何もつけない状態で、腕を上から押さえられると、、、少しよろけました。

次に、アドエルムブランケットをつけて、同じように押してもらうと、、、!?今度は微動だにしません!押されている力もかなり軽く感じたので、同じ力で押しているか何度も確認しました。これは、ミネラルパウダーの作用が、身体の各部を興奮状態にする交感神経を活性化することで、全身の筋肉を効率的に身体を使えるようになったからだそうです。

人によって差はありますが、素早く身体が温まる、体幹が強くなった、柔軟性が上がったと感じる方が多いとのこと。
試験は寒い時期ですし、朝早いとウォーミングアップを長くするのは大変だと思いますので、羽織るとすぐに体が動ける状態になるアドエルムブランケットは要チェックですね!

アドエルムブランケット    ¥7,000+税

 

[専門家インタビュー]一覧はこちら

新着記事

ご質問

キーワード