【動画で解説】声の出し方①発声

試験で声が大切なのは声楽だけではありません。

試験で3回もある面接では、立ち姿、表情に加えて声も重要なポイントになってきます。

声が小さかったりひっくり返ったりすると、試験官を不安にさせてしまいますので、大きな声でゆっくりとはっきり話し、声を伝える練習をしておきましょう。

①自分の一番出しやすい声のトーンを見つける

②声をお腹で支える

③声を遠くにとばす

 

 

 

新着記事

ご質問

キーワード