立ち姿を美しく見せる②下半身を細くしよう

下半身を細くしよう

下半身が上半身に比べてしっかりしている人は、冷え性の可能性があります。足湯やマッサージをして温めてあげてください。

○太ももを細くしたい人・・・スクワットがおすすめです。まず、足をとじてまっすぐに立ちます。息を吐きながら、お尻を突き出すようなイメージで膝をまげていきます。この時、膝から下の位置はなるべく変えないように(前に出ないように)注意してください。手は目線の高さまであげましょう。1回ずつゆっくりとやりましょう。

○ヒップアップしたい人・・・うつ伏せになり、手足をまっすぐのばします。肘をよせてきて、上半身を起こします。片方ずつ足を上に上げましょう。この時、両方の骨盤が床から離れないようにしましょう。おしりの筋肉がプルプルしてくるはずです。

また、お尻歩きも取り入れてみましょう。足を前になげだして姿勢良く床に座ります。1・2・1・2とお尻の左右2つの骨だけで歩いてみましょう。前に10歩後ろに10歩くらいやってみましょう。

試験中は60度くらいに足先を開いて立ちますが、太ももに隙間ができたり緩まないようにするために、タオルを太ももに挟んで落とさない練習をしてください。足の内側とお尻の筋肉に効果的です。

試験では、丸首、7分袖の黒レオタードとみんな同じスタイルです。もともとの骨格は変えられませんが、努力次第でお肉は落とせますし、キレイな筋肉をつけることはできます。自分の一番美しい状態で本番をむかえましょう。

新着記事

ご質問

キーワード